血圧とメルトホルミンによる糖尿病治療と認定医更新

自分で血圧を測定する女性

血圧の管理に関しては食事制限によるダイエットや適度な有酸素運動などが必要となるのですが、体重が減るとそれに伴って血圧も下がるので、10キログラムのダイエットに成功すると、血圧の数値も10減少すると考えられています。
認定医更新は患者に対して大きな負担を強いる治療をする場合に必要になるもので、現在では精神疾患の治療や歯のインプラント治療なども認定医制度が導入されているので、数年おきに認定医更新をしなければならない場合もあります。
認定医更新の意味は、新しい医療技術が発達する中で過去の技術によって得られた資格を再確認すると同時に、医師の技術力向上を後押しするという意味合いもあります。
メルトホルミンは糖尿病治療で使用される薬ですが、インスリンの働きを調整することで糖尿病を改善することができるので、メルトホルミンは医療現場では多くの患者に投与されています。
世界的に最も多く処方されている糖尿病治療薬なのですが、日本ではメルトホルミンを処方する医療機関は比較的少ないとされています。
またこの薬には緑内障のリスクを下げる働きがあるとされているので、糖尿病と緑内障のリスクのある患者に対してはヨーロッパを中心として処方されることが多くなっています。
副作用としては腎機能が低下している患者に対して腎機能障害の症状が起きるとされているので、腎機能が低下している患者に対しては処方することはありません。
血圧のコントロールと糖尿病のリスクには相関関係はあまりありませんが、糖尿病患者が高血圧の状態を長く続けていると脳血管疾患などのリスクが高まるので、血圧を正常な数値にすることで合併症のリスクを大幅に下げることができます。

サイト内検索
最近の投稿
2019年06月21日
血圧とメルトホルミンによる糖尿病治療と認定医更新
自分で血圧を測定する女性