血圧測定器と医者
公開履歴
電子血圧測定器

歳を重ねるにつれて血圧という言葉を口にしたり耳にする機会が増えていきます。
健康診断で検査が必要とされ検査を受けたところ、高血圧だと言われる人も少なくありません。
血圧とは、心臓が身体に血液を送るときに血管にかかる圧力のことです。
この圧力が高いまま放置しておくと心臓や腎臓、また脳にも影響を及ぼし、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。
高血圧は目立った症状がない期間が長く、最悪の場合にはある日突然脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすため、サイレントキラーとも呼ばれています。
では、平常な血圧になるためにはどのような生活を心がければいいのでしょうか。
まずは食生活の改善です。
控えた方が良い食材は、塩分です。
血液中に存在する塩分が多いと水分も同時に増え、水分が増えることで血管への圧力が高くなると言われています。
味噌汁の味噌を減らしてだしの味を楽しめるようにする、漬物を半分の量にするなど、できるところから初めて見るのが良いでしょう。
また、カリウムが含まれている食材を摂ることで、体内の塩分が排出されやすくなります。
リンゴやホウレン草、ジャガイモなど、カリウムの含まれている食材を上手く取り入れていくと効果的です。
運動も欠かせません。
減塩とともに行うことで、一層効果的だと言われています。
1日30分程度のウォーキングや水泳などの有酸素運動を無理のない範囲で継続して行いましょう。
そして、ストレスを溜めないことも重要です。
イライラするなど、気分や心の状態も血圧を上げたり下げたりしています。
心の安定や睡眠をしっかりとることも重要なポイントとなってきます。
一日で血圧を平常値に戻すことはできません。
無理のない範囲で毎日の積み重ねを行い、平常な血圧を目指しましょう。
そういった生活習慣の改善と共に降圧剤を使うのも良いでしょう。
例えばアダラートはよく使われる降圧剤ですが、降圧剤と生活習慣の改善を並行して行なうことで血圧低下までの機関を短くすることが出来ます。